9月・例会

岡崎にあります浄土真宗本願寺派のご自房にお伺いし
キッズサンガ(子ども会/寺子屋)についての研修会を行いました。
副住職さんから、本願寺派より出版されている資料の説明と
実際に行っている子ども向けの教化活動をご紹介いただきました。

私は今回、子ども会の運営方法を聞きたいと思い参加したのですが
運営そのものよりも何を子ども達に持って帰ってもらいたいかという
目的・使命が重要であり、そして、大々的に開催しなくても
寺族だけで運営し、定期的に長く続けていくことが何より大切であることを
教えていただきました。
ご自房で開催している3日間のサマースクールも参考になりましたが
入園・入学のお祝いとして行っている「初参式」が印象的でした。
この式は、入学シーズン前の3月末の土曜日に、家族が揃って寺に参り
子どもに数珠と袈裟が授与されます。
サマースクールで楽しくというのも勿論、寺や仏教への入り口ということでは
素晴らしい活動ではありますが、やはり、寺は手を合わせる尊い場所であり
自分用の袈裟をいただくことで1人の仏教徒としての自覚が
子どもなりに芽生えるのではないかと思いました。

また、普段じっくり見ることのない本願寺派の本堂荘厳を詳しく説明いただき
他宗派を会所にお借りするのも有意義なことであると感じました。

平成29年9月例会③

平成29年9月例会①

コメント

コメントの投稿