全国青年会発足40周年記念法要・講演会

去る10月5日、本山永観堂において浄土宗西山禅林寺派
全国青年会発足40周年記念法要が厳修されました。
管長猊下導師のもと、本山役員、来賓の方々、そして全国から集まった
青年会員約50名での大法要、青年僧の読経の声が大殿に響き渡りました。

法要の後は会場を京都ホテルオークラに移しての講演会、祝賀会となりました。
講演会ではテレビでもおなじみの評論家、宮崎哲弥氏をお迎えし、「日本仏教の未来」と
題して講演をいただきました。
宮崎氏は政治・経済・環境問題など様々な分野でご活躍されておりますが
ご実家の宗派が知恩院の浄土宗であること、また禅寺での精神修養などのご経験もあり
そのため仏教にも精通しておられ、また今回はいつもの講演会とは違いあらかじめ
こちらで質問をいくつか用意し、その質問に対してお答えしていただくという形式をとり
信仰について、仏教における社会貢献について、また若い僧侶に求めること
など細かくわかりやすくお話しいただきました。
特に現代は鎌倉以来の仏教の転換期、若い皆さんの力が必要です
との言葉に身の引き締まる思いでした。

続いての祝賀会では猊下のご祝辞、全国青年会会長より
御礼ならびに挨拶、来賓の皆様のご紹介、そしてスライドに歴代の会長が
映し出されるとみなさま当時を思い出され歓声があがり
拍手が鳴りやみませんでした。
あちらこちらのテーブルで笑顔が飛び交い、とても賑やかなひと時となりました。
そして最後は我々東国青年会会長からもより熱意のこもった締めの挨拶によって
全国青年会発足40周年記念行事滞りなく閉式となりました。

ご協力いただきました、そして当日ご参加されたみなさま、大変お疲れ様でした。

コメント

コメントの投稿