11月・法話

皆様は、「お布施」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
おそらく多くの方が、お葬式や法事などで、僧侶に対してのお礼やお寺や神社などへの
お賽銭やお供え物、といったイメージを持たれるのではないでしょうか。
このようにお布施と言われれば、「何かしらの物を相手に与える事」と思われがちですが
本来はそうではなく、お金や物だけではなく「気持ち」や「行動」といった、形の無い物も、
お布施になる、というお話しをさせて頂きます。

以前に学生時代の友人と会って食事をする機会がありました。
最初はいつも通りの何気ない会話だったのですが、急に雰囲気が変わり「実は…」と
暗い表情になって、どうしたのだろうかと思い、話を聞いておりましたがその話というのは
まとめますと、彼が仕事で失敗をして、上司に散々怒られた、という内容です。
私は自分で言うのも「あれ」なのですが「人の不幸を笑ってしまう」という
決して褒められた性格ではありません。もちろん、家族を亡くされたとか
災害に遭われた方に対しては、その様な事はございません。
しかし、「人の失敗談などに対して、ついつい笑ってしまう」、という経験は
皆様にも少なからずあるかと思います。

私の持論ではありますが、「笑える不幸話は笑ってやる」という事も
時には必要な事だと思っております。
誰かに悩みなどを話す時点で、その話を「聞いてほしい」という気持ちが表れています。
そして、中途半端な同情は相手に失礼だと思いますし、また、「次は頑張れ」と言うのも
どこか違うような気がします。ならば、いっその事、思いっきり笑ってやった方が
話した側にも、すっきりしてもらって、気持ちの切り替えもできるのかなと思っております。

その時はここまで深く考えておらず、あまりにも躊躇なく笑ってしまったので
「すまん」と一言謝ろうかと思ったら
彼から「まあ良いや、ありがとう」と礼を言われました。
「なんで?」と聞くと、「話を聞いてくれたから」という一幕でした。
このように話を聞くだけでも、その人に対して何かができる力になれる時があるのです。

私が以前に本山の御法主猊下より、教えて頂いた言葉があります。
「聞く、というお布施」、これを「聞施」と言います。
さて、最近は多くの自然災害が起こっている中で、各地で、ボランティア活動に出て
いらっしゃる方々の姿を、拝見する機会があります。災害ボランティアと言えば
がれき撤去などの肉体労働を第一に思い浮かべる方も多いかもしれません。
しかし、こんなボランティアがあるのをご存知でしょうか。
それは、「傾聴」です。具体的には避難所等で、現地の方のお話を伺う、という活動です。
悩みを持つ人にとって、たとえ解決せずとも、誰かに話を聞いてもらうだけでも
その人にとっては、これ以上無い手助けになる事もあるのです。
簡単にできる事ではありませんが、ただ聞くだけ、ではなく、相手の本音、心の声を
「聴」かせて頂き、寄り添う事ができれば、とても素晴らしい事だと思います。
人付き合いの中で、時には、人の悪口や、余計なうわさ話など、聞きたくない話を
聞かなければならない事もあります。
しかしそれは、相手が自分の事を、「この人になら、話しても大丈夫」と思ってもらえる
信頼の証、とも言えるのではないでしょうか。
大人であれば、「話術」が必要になる時が多くなると思いますが
「聞き上手」という言葉があるくらいに、時には、相手の話を聞く
聞いてあげる事も、大切な事です。
まさに今がその時で、皆様がお耳を傾けてくださっているからこそ
私も気持ち良くお話しができております。
自分の話を聞いてもらえる相手がいるというのは実はかなり有り難い事なのだと
実感しております。
今日のこの場をきっかけに、この「聞施」の輪がお互いに、人から人へ広がっていく事を
願いまして、私の話を終えさせて頂きます。
ありがとうございました。

houwa1911.jpg

コメント

コメントの投稿