6月・法話

今日はクイズを持ってきて参りました。
ただクイズと言っても、皆様の知識を問うものではなく
必要なのは頓智や閃き、どちらかと言えば
なぞなぞの方が近いかもしれません。
もちろん、どなたかに無理やり、当てて答えさせる
という事はしませんので、お気軽に、心の中で
お付き合い頂ければと思います。

では、問題です。
「体の中のある一部分が、悪い人は、元気な人であるのだが
さて、それはどこでしょうか?」
というのが、問題でございます。
悪いところがあるのに、その人は元気であるという、不思議な話ですね。
この話は、以前に私がお参りに伺ったお宅の、ご主人から聞いたものです。
正確には、「○○が悪い人ほど、元気なんだよね。」と
お話しされたのを、今日はクイズとして出題しております。

さて、「一病息災」という言葉は、ご存知でしょうか。
これは、一つぐらい持病がある方が、健康に気を配るので
かえって長生きするという意味です。
しかし、今日はこの一病息災とは違います。先ほども申しましたが
これは、なぞなぞみたいなものですので
ある程度は冗談として聞いて頂けましたら、私も助かります。
それでは、そろそろ答え合わせをしましょう。

正解は、「口」でございます。
いかがでしょうか。私がなぞなぞと言った意味が、「あ~そういう事か。」と
皆様にも伝わっていれば良いのですが。「口が悪い」というのは
体の事ではなく、その人の性格の問題、という事ですね。
解説をしますと、「口が悪い人間ほど、思った事、喋りたい事を
好き勝手に言えてしまう。
つまりストレスを抱え込む事が無いので、元気なのだ。」という話でございます。
皆様の周りにも、口は悪いけど元気だな、という人が少なからず
いらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、元気の為だからと言って
「じゃあ悪口をたくさん言いましょう。」というわけにはいきません。

しかし私は、「許される悪口」なら、ある程度は必要な時と場合も
あるのではないか、と考えております。
それは、お互いの、信頼と、愛情の下に成り立つ、悪口です。
例えば、「馬鹿」という言葉は、状況次第でその意味合いが変わってくると思います。
子ども同士の喧嘩などで使う場合と、親や先生が子を叱る時に使う場合とでは
同じく「馬鹿」でも、その中身は全く異なるものだと言えるでしょう。

仏教では、「愛語」という教えがあります。これは文字通り、愛情のある言葉です。
はたから見れば厳しい言葉でも、相手を思いやるが故の
愛のムチである言葉こそ、愛語だと言えるでしょう。

さて最近では、「パワハラ」という言葉が、よくテレビに登場しております。
相手を思いやる愛情がこもっていないと、受けた側はそれをハラスメント
嫌がらせだと、感じ取ってしまうのではないかと思います。

では最後に、同じ言葉でも、愛語と悪口は何が違うのでしょうか。
それは、悪口の「悪」という字は、心が下にあるので、下心のある言葉。
そして愛語の「愛」の字は、心が真ん中にあるので、真心のある言葉です。
本日はありがとうございました。

2019年6月 法話①

コメント

コメントの投稿