2月・法話

二月と言えば節分です。
節分とは季節を分けると実はこの月だけでなく、春、夏、秋、冬ありますが
特に立春の前を一年の始まりと重んじて二月の節分のみ
行事として残ったようです。
節分の行事といえば豆まきですが、元々はあまり仏教とは
関係ない説が有力なようです。
「豆は魔滅に由来する」とか「魔の芽を出さないため煎った豆を使う」と
由縁から豆を用いるというようですが、魔を滅ぼすとか鬼に豆をぶつけて
退散さすという精神でおこなうのは仏教らしくないので
やはり仏教の教義とは異なるものになります。

しかしお寺の行事にお施餓鬼というのがあります、餓鬼という小鬼に
餓鬼米とよばれる米をまいたりさまざまな食物を供えたりして
先祖供養に繋げる行事です。
宗派によっては毎食、ひとくち目は下にまき餓鬼に施す作法があると聞きます。
私的に解釈すると豆まきも豆を投げつけ鬼を退散させるのではく
お施餓鬼のように施すことにより供養する行事とすれば
仏教的見地からも理解出来なくもありません。
鬼は外に追いやるものではなく鬼も己の内とし、みとめ抑え共存していく
鬼と云う己の煩悩も消すのではなく、そんな愚かな私でさえ
許していただける仏の慈悲に、はたと気づかされます。
今年も『福は内、鬼も改心して内』の理念でやっていきたく思います。
合掌

コメント

コメントの投稿