5月・法話

最近よく仏教やお寺をテーマとした番組をテレビで見かけるようになりました。

先日とある番組で『プロジェクションマッピング法要』なるものが紹介されていました。
映画やディズニーランドなどのイベントさながらの音楽と映像の中でお坊さんが
法要を営むというものでした。
とても幻想的な芸術パフォーマンスです。
ITに長けたご住職が最新技術(デジタル)と仏教(アナログ)を融合され
とにかく退屈な法要を少しでも楽しくわかりやすく伝えたいというものが
コンセプトだそうで私も見てその革新的かつ新進気鋭な迫力に
ただただ圧倒されていました。
うちの法事でもそうですが時折、気持ちよく居眠りされる方がありますが(笑)
この法要ならこのIT住職がおっしゃるように退屈されること無く、終始皆さんの心を
つかんで離さないだろうなと思ってしまいました。
確かにいま特に若い世代のお寺離れが危惧されています。
何しろお寺は固い、難しい、取っ付きにくい、法要も退屈でつまらないって
イメージある人多いですからね。
しかし思えば仏教というものは本来日常で使っている
「醍醐味」「有頂天」「玄関」「油断大敵」とういうような仏教由来の言語のように
常に日本人の傍に気付かなくてもあるものです。
お彼岸やお盆、除夜の鐘のような法要だってそうです。
言うなればいつも我々に寄り添っていただけているという気付きがあるかが大事で
先の衝撃的な芸術パフォーマンスもよし、熟練僧侶の佇まいにはっとされてもよし
まず仏教に関心持ち意識してみる。
それによって仏教が阿弥陀様は常に寄り添っておられることへの気付く、そして
その『気づき』こそ我々の日常を少しでも豊かにしていただけるのではないでしょうか。
それこそが阿弥陀様の本願のほか、ありません。
いろいろな方法で『気づき』見つけてみませんか。  合掌

PS.個人的にはプロジェクションマッピング法要、一度実際に観てみたいです。

コメント

コメントの投稿