5月・法話

桜も終わり、やっと過ごしやすい日々になりました。
これだけでも有難いなぁと感じるのは、不思議なものです。

世の中はゴールデンウイークでどこか行こうか計画している人も多いと思います。
私の住んでいる所では、この時期に町内の祭りがあります。
山車(だし)も出るので毎年ゴールデンウイークどころではないです。
準備、当日の祭り、後片付けと何かと人手がいるもで
当然、町内の中には『もうやめようや』と不平不満が出できております。
何とか続けて行けるようと昔ながらのやり方ではなく
山車を引くのを一年ごとにして、引かない年は、飾り付けをした
山車見てもらうと形も変えて続けております。
これも、自分の先祖が残してきたものして町内の人々の胸の中に
生き続けておるからこそやり続けているんだと感じております。

この世は、諸行無常であり、生まれた者は死んでいくが百年二百年と
後世の胸の中に生き続ける こんな生き方をしたいものです。

5月・例会

今月は一宮にて全国青年会の事業の一つである
カレンダー作成に向けて、版画の準備・研修会を行いました。
昨年は初めて本山の版画研修会に出席し、先生より本格的に
印刷(木版画の場合は「摺り」と言うべきでしょうか)のご指導を頂きました。

先輩方より、「本山では時間が限られているから、彫る作業は終わらせて
おいた方が良いよ。」とアドバイスを受け、前もって自分なりに作品を
完成させた(つもりの)状態で先生に伺ったところ
「摺ってからでも修正できますので、まず一度やってみましょう。」と
いうわけで、早速いざ実践!
摺りあがった一枚を目にして、…まぁ、こんなもん?と、眺めていたら
「何度も摺っていくと墨が木に染みて 作品が変わってきますよ。」と先生に
教えて頂き、繰り返すこと数回…自分で言うのも、ですが、結構良いんじゃない?と
思いのほか清々しい達成感を得られました。
しかし、他会員の作品とのバランス等が考慮され
残念ながら(むしろ必然とも言えますが)カレンダーには落選。
今年こそは、という意気込みを胸に、昨年の「線を彫る」スタイルから
今作では「線を残す」形に挑戦。無事に完成できるでしょうか…。
さて、作品の出来は別にして、「何か一つの事を黙々と行う」ことは
心身ともに良い刺激にもなるな、と感じました。
一つの作品を仕上げるのは、案外貴重な機会なのかもしれません。
今後も皆様のご参加をお待ちしております。

平成29年5月例会

年度初め総会

平成29年度が始動しました。
昨年度より引き続きの体制のもとスムーズに会は進行されました。
今年度もジャンルにとらわれない幅広い研鑽として
いつ起こるかわからない災害や認知症など社会が抱える問題への対応
子供たちへの教化方法などをまなんでいく計画をしております。
もちろんそれらは1人の僧侶として備えておきたい内容はもちろんではありますが
会員が表裏なく色々なことにチャレンジし意見を交換できるのが青年会だと思います。
是非、多くの会員の参加をお待ちしております。

平成29年4月例会