スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月

息子が夏休み前に武道が習いたいというので
方々探して近くの剣道場に入りました。
愛知県下では1、2を争う名門道場で、5歳から高校生まで
70名程の門下生がいます。
3ヶ月の体験期間を経てようやく11月初めに先生から入門を許されました。
この道場を決めた理由は、先生のお人柄や厳しくも愛情のある
ご指導もさることながら、一番の決め手となったのは
門下生の履物の揃え方でした。
道場に初めて見学に行った日、初めは不揃いだった履物が
途中退室して帰ろうとすると、保護者の物も含めると80足以上ある
履物が一つの乱れもなくきれいに揃えてありました。
後で聞くと、誰というわけでなく上級生たちが道場に来るたびに
自主的に率先して下級生や保護者の履物を直してくれていたそうです。

履物如きと思われるかもしれませんが
履物にこそその人の人間性が現れるのです。

2016年12月 ②
スポンサーサイト

11月・例会

冷え込みの厳しい日でしたが、屋外で水を使わずに
温かい食事が食べられる非常食の試食を行いました。
見聞きするのと実際に体験してみるのとでは色々な発見がありました。
思ったよりも簡単に加熱ができ、なおかつ味も非常食とは
思えない美味しさでした。
何より寒風の中で温かい物が食べられることが如何に有難いかを実感しました。

一方でこれらの非常食を備蓄する上での改善点もいくつか見つかりました。
思ったよりもかさばることと一食あたりの値段が高いことです。
もちろん水が全く手に入らないことを想定しての体験でしたが
飲み水の確保と加熱できる環境があれば随分
コストダウンできることがわかりました。
飲み水は長期保存用でなくとも普通のミネラルウォーターを
日用使いしながら多めに備蓄しておくことや
大掛かりな加熱用品でなくともカセットコンロがあれば十分加熱できるので
工夫次第で無理なく備蓄ができそうです。
また、室内に戻って段ボールを使った簡易トイレも作成しました。
こちらも実際に作ったことで構造がよくわかり、代用品でも十分機能を
果たせることがわかりました。
これを機会に青年会員のご自坊でも防災の一助になれば幸いです。

平成28年11月例会①

平成28年11月例会③

2016年11月

最近よくテレビでイジメのニュースをよく見かけます。
今のイジメは昔と違い、犯罪まがいな事もあり
自らの命を絶ってしまう子どもたちもたくさんいます。
自分も子どものころは、イジメにあっていた時期があって
学校に行きたくない、だから一人で生きていこうと
思っていた時期がありました。
皆さんの身のまわりも、家族や友人、大事な人がいます。
ですが、やはり人は一人では生きていけません。
生きるという事は、必ず誰かと和をもって生活していかねばなりません。
ですが10人、100人と人が集まれば、やはり自分の気の合う人と
合わない人がどうしてもその中にできてしまいます。

では、どうすればいいか・・。
人の好き嫌いには「二・六・二のバランス法則」というものがあります。
誰かが自分のことを好きな人が2割、好きでも嫌いでもない人が6割
自分の事が嫌いな人が2割というバランスです。
歴史上のどんな偉人でも、皆から慕われた人物はいません。
かの有名な織田信長でさえ、家臣であった明智光秀に討たれた
歴史が残っています。我が浄土宗を開いた法然上人も
一時期は迫害を受け島流しにあいました。
そう、皆から好きになってもらうのは不可能といってもいいと思います。
ですが逆に、法然上人は弟子に慕われたからこそ
今の仏教という教えが広まったともいえます。
自分の事を嫌いな人もいれば、好きな人もいる。
これを心にとどめておくだけで、普段の生活がまた豊かになると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。