スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回愛知宗教青年会議 総会 ・講演会

6月24日、名古屋ガーデンパレスを会場に第27回愛知県宗教青年会議の
総会・講演会が開催催されました。
総会の議案審議は滞りなく終了し、続いて講演会へと移ります。
今年の講師はこの講演会前日に東証一部に上場したばかりの
「株式会社ティア」社長の冨安徳久氏をお招きしました。

富安氏は、「尽生(じんせい)と志事(しごと)」と題した講演の冒頭に
旧日本海軍連合艦隊指令長官、山本五十六氏の
「やってみせ、言って聞かせて」の言葉を引用され
「家庭での躾も会社で人を育てるのも、まずは親なり上司が
とにかく率先して行動すること、そして、怒ることなく相手が
わかるまで繰り返し言い聞かせることが大切である」
と力説されました。

たとえ5歳の子供にでも、「人はいつかは死ぬ」という不変の真実を
伝えることという言葉に、氏の信念の強さを感じました。
また、「葬儀を通じて真剣に故人や遺族と向き合うことが結果自社の
ファン、リピーターを増やすことに繋がる」という事実や
「自宅に仏壇がなくとも、遺影の写真一枚にでも毎日拝むこと、礼拝することを
習慣付けること、また、玄関、家の周りは絶えずきれいに掃除をしておくと
自然と人が集まる」など、我々僧侶の日常の法務にも活かせるお話を
拝聴することができました。

tougokuseinenkai157001.jpg
スポンサーサイト

例会

先月に引き続き、会処にて法楽一会と例会の議事を進めたのち
書道教室へ向かい、第二回目のご指導を受けました。

先月は初めての研鑽ということもあり、参加会員一同、皆緊張していましたが
二回目ともなるとリラックスして望めました。
先生の明るいご指導も相まって、基本的な筆使いも含め、書体のバランスや
「止め」「はね」なども使いこなせるようになってきたようです。

月ごとに上達してゆける課程も、自己研鑽の醍醐味だと感じました。

tougokuseinenkai157002.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。