黒衣法要

青年会今年最後の集まりで、自坊で黒衣法要を勤めさせて頂きました。
日没礼讃を行いましたが声がそろっていて本当に気持ちの良い法要で
皆さんで1つになること有難さを改めて感じることができました。

今年も天災がありまだ多くの方々が日常生活に戻れず
苦しんでいられる方々を思うと心が痛みます。
その中で前を向いて頑張っている姿をみますと近くからだけでなく
遠くから見守ってあげることも大事な役目かなぁと思っております。
やはり一人では生きていけない。
色々なお力があるからこそ生きているのだ改めて感じた次第です。

reikai1912No1.jpeg