1月・例会・寒行托鉢

一月の例会は津島にて寒中托鉢を行いました。
八人の青年僧が網代傘を被り、黒衣をまとい、鈴を鳴らしながら
津島市内を約一時間かけて行脚しました。
寒行中はちょうど学校や仕事の帰宅時間と重なったのもあり
僧侶が一列なって歩く姿が珍しいのか
帰路につく人たちが足を止めて見ていました。
人通りが多い所などでは、一人で托鉢をする僧侶を見ることはありますが
複数の僧侶が集まって托鉢する姿はあまり見る光景ではないので
驚いたのではないでしょうか。
普段は住職と二人で早朝に寒行托鉢をしていますが
夕方の時間帯に行うのはいつもと違い新鮮でした。
また七人の先輩方との行脚はとても心強く、お念仏にも一段と気合が入りました。

201701月例会1

201701月例会2