例会

今月の例会も七月同様書道研修を行いました。
お寺のご住職に教わることのできる貴重な機会ということもあり
法務に活かせる題材を各々が決めご指導いただきました。

七月にご指導をいただき、八月のお盆では筆に触れる機会も増えるため
少しは書が上達したかと思い今回の研修に臨みましたが
違う題材になるとまた一から教わることも多く、自分の未熟さを痛感しました。

いくら一人で練習を重ねてもどうしても自己流になり評価も曖昧になってしまいますが
先生に見てもらうことで目標を定めて励むことができるため
短い時間ではありましたが、非常に意義のある時間でした。
世間では「お坊さん=字が上手」というイメージは少なからず持たれていることと
思いますので、見られても恥ずかしくない字を書けるように精進を続けたいと思います。

平成28年9月例会