スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例会

一月例会では毎年恒例の寒行托鉢を行い、今回は岐阜駅周辺の市街地を周りました。

 冬の夜に行う寒行ではありますが、一心に念仏を唱えながら歩いている時は
気分が高揚しているのか、寒さの中を歩いているということも苦になりません。
しかし、ふと気持ちが途切れた時、提灯を持つ自分の手が疲労で固くなり
体が寒さで震えていることに気づかされます。
托鉢を終え自坊に着いた時には、すっかり手は痺れ、体も冷え切っていました。

 皆で念仏を唱えながら行脚すると、普段歩いている道も
いつもとは違った風景に感じられます。
久しぶりに托鉢に参加させていただきましたが、良い体験をさせていただきました。

tougokuseinenkai152001.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。